睡眠時無呼吸症の治療 | 横浜市青葉区、江田の歯医者・歯科、江田駅の【えだ歯科医院】

睡眠時無呼吸症の治療

歯科医院での治療について

当院では、閉塞性睡眠時無呼吸症として口腔内装置(ソムノデント)を取り扱っております。口腔内装置は一般的には「マウスピース」と呼ばれています。

就寝中、口腔内に口腔内装置を装着し、下顎を前に出すことで睡眠中の気道の閉塞を防止する治療方法です。ソムノデントは、口腔内装置の世界標準です。ご興味ある方、どうぞご相談ください。

歯科医院での治療について

ソムノデントとは

睡眠時に装着することにより、気道の閉塞を抑制することができます。一般的なCPAP治療よりもシンプルな構造で、効果を発揮することが期待できます。

患者さんお一人おひとりにカスタムメイドされた装置で、上下歯列にフィットするプレート部分と、その形状で特許を取得した独自のウィング部分で構成され、装着時に顎位の動きを規制しながらも、自由に開口できるように設計されています。

ソムノデント

参照:メーカー(ソムノデント)ホームページより

また、上顎部には顎位を微調整するためのスクリューが装着されるため、装着後の調整も簡単におこなうことができます。従来のCPAP治療装置のデメリットを解消することで、快適かつ効果的に閉塞性睡眠時無呼吸症の治療をおこなうことができます。

ソムノデントの特徴

ソムノデントは、装着時に受ける不快感や拘束感をできる限り少なくすることで、患者さんが装置に慣れるまでの期間を短縮し、継続的な使用を可能にする新しい口腔内治療装置となっています。

  • カスタムメイドなので正確にフィットする
  • 装置装着中に口の開け閉めが自由におこなえる
  • 会話や、水を飲むことや、あくびもできる
  • 下顎位置の微調整が容易におこなえる

従来のCPAP治療装置との比較

上顎、下顎が別々に作られているため、固定されてる感じがなく楽に入れられます。自宅での就寝にはCPAP、旅行などの外出先ではソムノデントを使用するという選択的なご利用もできます。

  • 軽くてコンパクト
  • 付属品が必要ない
  • 使用中に音がしない
  • 電気が必要ない
  • ヘッドギアが必要ない
  • 交換用部品を必要としない
  • 睡眠中に自由な姿勢が取れる

マウスピース作製のご相談

マウスピース(ソムノデント)作製をご希望の方は、当院にて歯列の精密な型取りと、顎位の採得を行い、専門の施設にて患者オリジナルのマウスピースを製作いたします。治療開始まで、製作、試適・調整など含めて約3週間くらいの期間がかかります。

ご興味がある方は、まずはご相談ください。

ページの先頭に戻る
上に戻る