横浜市青葉区・江田・江田駅の歯科・歯医者 えだ歯科医院

  • HOME
  • 小児歯科

診療案内

小児歯科

小児歯科

お子さんの治療は押さえ付けて無理矢理治療をするということは、原則としてしません。
初めてのお子さんの不安や恐怖心を解消するためにまず診療台についている機材で遊んでもらいます。

そして、お子さんが医院の雰囲気に慣れてきたところで検査や治療に入ります。
検査後は検査した結果を保護者の方に見て頂いた上で虫歯があれば治療の予定を立てていきます。又虫歯がなかったお子さんには相談の上、予防処置を行うこともできます。

また、治療を頑張ったお子さんには治療後にささやかなご褒美も用意しています。

お子様に恐怖心を与えないように当院の雰囲気になれるまで治療はおこないませんので、お子様の治療で恐怖心を与えたくない場合は一度お気軽に来院してみてください。

床矯正(しょうきょうせい)とは

床矯正(しょうきょうせい)とは

床矯正とは、取り外しができるタイプの装置を使った治療で、顎を拡大することを主な目的にしています。従来の矯正治療では、「歯を抜く」ことで歯が並ぶスペースを確保して矯正をしていました。

一方の床矯正においては、主に小学生くらいの時期(特に低学年が有効)にプレートを装着し、顎を拡げて歯が並ぶための充分なスペースを作ります。これにより「健康な歯を抜かず」に矯正がしやすくなるのです。

具体的には矯正装置を装着し、装置の真ん中のネジを回すことで顎を拡げていきます。少しずつ拡げて、痛みがないように歯を動かしますのでご安心ください。

大人になってからの床矯正治療も可能ですが、床矯正は顎が成長途中である子どものほうが、肉体的にかなり負担が少なく済みます。個人差もありますが、顎を拡げるには6才ぐらいから治療をはじめ思春期までに一旦終え、大きな成長が終了してから矯正治療を開始するのが望ましいです。

≪お子様の歯並びについて≫
永久歯との交換期を迎えたお子さんのお口の中を覗いてみてください。
前歯がかなり大きく感じたり、隣に空間が少なかったり、斜めだったり、重なっていたりしませんか?永久歯は本来大きいものですが、残念ながら顎の成長が追いついていないと綺麗に並んでくれず、将来虫歯や歯周病の原因になったりと、かみ合わせの悪さから色々な不具合を引き起こします。
様子をみているだけでは、悪化してしまいます。
早いうちならば、顎の骨の成長を促す方法で、歯を抜かずに比較的費用も少なめで綺麗に並べてあげられることが多いです。
相談料はかかりませんので、まずはお気軽にお電話ください。

床矯正(しょうきょうせい)のメリット

  • 取り外しが可能なので、装置を外してケアができる。
  • 子どもの正しい成長を促すので、大人になってから初めて矯正するよりも効果的。
  • 歯を抜かない
  • 痛みがない
  • 一般矯正より費用の負担が少ない

床矯正(しょうきょうせい)の費用

1装置 6万(税抜)
毎月の調整料 1500円(税抜)
床矯正(しょうきょうせい)とは

Copyright©2008 Eda Dental Clinic All Rights Reserved.